メタルマッスルHMB 運動例

激しい運動をしなくても筋肉量を増加させることができるメタルマッスルHMBですが、どれくらいの運動が効果的なのでしょうか?運動例をまとめてみました。
MENU

メタルマッスルHMBで効率よく筋肉をつける運動例3選

ちょっとした運動だけでもメタルマッスルHMBを摂取していれば、筋肉量を増やしてマッチョな体に仕上げることができると話題になっていますが、実際にどのような運動をすればいいのでしょうか?

 

運動例といっても様々な方法がありますが、中には筋肉をつけたいけれど、ジムやプールに通うのは金銭的にも時間的にも厳しい人や単純に運動が苦手な人もいますよね。

 

メタルマッスルHMBはちょっとした運動だけでも効率よく筋肉をつけることができるHMBサプリなのです。

 

そこで、運動が苦手な人やジムやプールに通えない人でも気軽に行うことができる運動例をまとめてみました。

 

全て簡単な運動例ばかりなので、お家でできるものばかりなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

 

 

運動例@ ウォーキング

 

ウォーキングなんかで本当に筋肉をつけることができるの!?と思われている方も多いと思いますが、メタルマッスルHMBを摂取していれば、ウォーキングでも十分に効果を発揮することができます。

 

激しい筋トレじゃなくて、ウォーキングであれば通勤中などでも簡単に実践することができるので、これなら無理なく毎日続けることができますよね!

 

ただし、だらだら歩いていても筋肉をつけることはできないので、姿勢正しく、早足、大股歩きでしっかりとウォーキングをすることが重要です。

 

 

運動例A スクワット

 

人間の筋肉の7割は下半身にあると言われており、下半身を鍛えることができるスクワットを行うことで、バランスの良い筋肉を育てることができます。

 

スクワットであれば、家で簡単に行うことができるだけでなく、テレビを見ながらなどちょっとした時間で行うことができるのもいいですよね。

 

がむしゃらにスクワットをやろうとすると、腰や膝を傷めてしまう恐れがあるので、スクワットを行うなら、ゆっくりと体に負荷をかけながら正しい姿勢で行うようにしましょう。

 

スクワットの種類によってどこの筋肉がつくのかが変わってくるので、どこの筋肉をつけたいかによって色々なスクワットに挑戦してみてくださいね!

 

 

運動例B フロントブリッジ

 

フロントブリッジの別名はプランクといい、有名アスリート選手がインナーマッスルを鍛える方法として紹介してから大流行した運動例です。

 

体の軸を鍛えるだけでなく、お腹や背中、脚など同時に色々な箇所の筋肉を鍛えることができます。

 

見た目では簡単そうに見えるのですが、初めてやる人は30秒も姿勢を維持できない…なんて方が大半で、毎日少しずつ秒数を増やしていくうちに全身にキレイな筋肉をつけることができます。

 

最初の頃はキレイな姿勢を保つことができないので、まだ慣れていないうちは全身鏡で姿勢をチェックしながら行いましょう!

 

 

簡単な運動例でも効果あり!

 

メタルマッスルHMBを摂取していれば、こんなに簡単な運動例でも筋肉をつけることができます。

 

今回ご紹介した運動例だけでなく、腕立てや腹筋など基本の筋トレでももちろん筋肉をつけることができます。

 

メタルマッスルHMBを使用することで、男性だけでなく、女性も簡単に筋肉量を増やすことができることでも注目が集まっており、性別だけでなく、幅広い年代に関係なく愛用者が急増しています。

 

ただし、メタルマッスルHMBを摂取するだけでは筋肉をつけることはできません。

 

筋肉の合成や筋繊維の回復をサポートする成分がメタルマッスルHMBに含まれているので、ただ飲んでいるだけでも効果を感じることはほとんどできないので注意してください。

 

どんなに運動が苦手な方でも実践できる運動例ばかりなので、本気で肉体改造をして人生を変えたいのであれば、まずはメタルマッスルHMBの公式サイトをチェックしてみてくださいね。

このページの先頭へ